18 9 / 2014

"内田氏の算出によると、「10段(計151人)の場合、土台の生徒のなかでもっとも負担が大きいのは、背面から2列目の中央部にいる生徒であり、3.9人分の負荷がかかる」という。その重量は中学2年生男子の平均体重であれば190キロ、3年生なら211キロにも達する。"

17 9 / 2014

Permalink 5 notes

17 9 / 2014

Permalink 11 notes

17 9 / 2014

"

「父島・母島まで異常変動の範囲が延びてきたことで、大地震の可能性はより高まっている。この南北に分布する複数の電子基準点の中央部に位置する伊豆大島近海には特に警戒が必要です。

 ここでひとたび地震が起これば、首都圏への影響は非常に大きい。都心部は地盤が緩いため、震源が遠くても震度が大きくなるためです。実際、伊豆大島近海が震源だった5月5日の地震では、大島が震度2だったにもかかわらず、千代田区では震度5弱を記録した。多くの人は都心部の地下を震源とする『首都直下型』を心配しますが、伊豆諸島で大規模な地震が起これば、同じように危険なのです」(村井氏)

"

17 9 / 2014

Permalink 24 notes

17 9 / 2014

Permalink 117 notes

17 9 / 2014

Permalink 33 notes

17 9 / 2014

Permalink 53 notes

17 9 / 2014

Permalink 54 notes

17 9 / 2014

Permalink 64 notes