25 4 / 2014

" 鹿児島銀行(鹿児島市)の上村基宏頭取は24日、建築・土木業界の人手不足を解消するために、外国人労働者を受け入れるNPO法人を作る構想があることを明らかにした。インドネシア、ベトナムのからの受け入れを想定しているという。"

25 4 / 2014

"酔っぱらった状態でエレベーターで二人きりになったとき「私とアンタね、本気でケンカしようや」と突然、宣戦布告され、二人きりで殴り合ったという。"

25 4 / 2014

25 4 / 2014

"「私は金価格を予想することはできない。この事業に30年間携わり、四六時中、そのことを考えている」"

24 4 / 2014

"

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/22(火) 21:16:26.11 ID:8MF4xFzQ0

もう亡くなった大正生まれのオイラのばあちゃん、
13歳の時に親に売られて満州で売春婦してたそうな。

その時に陸軍の整備兵で好き者やった兵隊さん
(オイラのじいちゃん)に「俺の嫁になるなら身請けする」って言って、
部隊の工具や備品をパクって売って貯めたお金で身請けして嫁にしたそうな。
(じいちゃんは否定)

終戦迎えて内地に帰って…
じいちゃんは小さいながらも某牛乳メーカーの役員まで出世してそこそこ財を作った。
じいちゃん、何歳になっても女好きが治らなかったが、ばあちゃんはいつも
「私はじいちゃんがいなかったらボロボロになって死んでたやろうからじいちゃんには何も言えん」
って泣きながら笑い飛ばしてた。

しかし、そんなじいちゃんだが、女遊び以外はばあちゃんにむっちゃ尽くしてた。
ばあちゃんが何かのテレビ番組で綺麗な景色見て「いいなぁ…」ってボソッと言ったら、
2、3日後にはじいちゃんが「おい!旅行行くぞ!」ってばあちゃんが
言ってたところに大名旅行に連れて行ったり…

ばあちゃんが、何気なく肩を自分でトントンしたら、
必ずじいちゃんがすぐにばあちゃんの後ろに回って肩叩きしたり…

ばあちゃんの誕生日には必ずウェディングケーキばりのでかいケーキを買ってきて、
毎回「こんなでかいの誰が食べるのよ#」ってばあちゃん怒って…

晩年、ばあちゃんが
「わたしゃ女郎屋の女でよかった。じゃないとじいちゃんと逢えなかった…」
って話をオイラに言った2日後、昼寝したまま綺麗な寝顔のまま永眠したなぁ…


スレチやけど、ふと思い出した
"

Permalink 573 notes

24 4 / 2014

Permalink 158 notes

24 4 / 2014

"王様ゲームの開発者"

Permalink 96 notes

24 4 / 2014

"「私よく変わってるって言われるんだよねー」という女子はかなり高い確率で変わっていないが、「オレ終わってるよな」という男子はかなり高い確率で本当に終わっている。"

Permalink 206 notes

24 4 / 2014

Permalink 22 notes

24 4 / 2014

"なんか周り見てると「この人お見合い結婚が主流な時代だったら若いうちに結婚してうまく家庭生活を送っているんじゃないかな」という独身の人って結構いるので、恋愛結婚が当たり前みたいな風潮が変わったら結婚して出産する人というのも増える気がするけど"

Permalink 26 notes